ntt東日本のバドミントン選手がカジノに出入りしていた

ntt東日本のバドミントン選手がカジノに出入りしていたとして大きく報道されたのはまだ記憶に新しいところでしょう。一体彼らは何が問題とされたのでしょうか。何か法律に触れることをして逮捕されることになったのか、それとも法律とは別の道徳や風紀上の問題とされたのでしょうか。これは、突き詰めて言えば法律に触れることをntt東日本のバドミントン選手はやってしまっています。日本においては賭博は犯罪であり、カジノでお金を賭けて勝負をすることは法律違反になります。しかし、ntt東日本の選手が逮捕されたという報道は耳にしません。これはどういうことなのでしょうか。あまりに有名で将来も期待される選手だから逮捕されずに大目に見てもらっているのでしょうか。

もちろんそんなことはありません。別に大目に見てもらっているということではなく、単に賭博というのは賭けに参加した者だけではなく親というか胴元も合わせて逮捕しなければ実際には起訴することが難しいという事情があるからなのです。そして、彼らが通っていたカジノに限らず日本にある闇カジノではまず間違いなく親や胴元に当たる人間にはダミーがあてがわれています。つまり、単に警察が現場に踏み込んだとしても真の胴元にはなかなか辿り着けないのです。これが彼らが逮捕されなかった本当の理由です。
オンカジお勧め記事はこちら「オンラインカジノで勝つ方法&勝ち方の法則

ですが、法律上の罪には現実にはなかなか問えないとしても、社会的には単に謝って済む問題ではありません。というのも、だいたい予想はつくでしょうが、このような闇カジノは裏では暴力団とつながっており、暴力団の資金源になっていることはまず間違いのないことだからです。彼らバドミントン選手が賭けて負けた金は、最終的には暴力団の資金となっているわけです。これが社会的に見て許し難いものであることは間違いないでしょう。ですから彼らは一定期間の出場停止などの重い処分を受けることになったわけです。社会に夢を与えるべき存在が、実は反社会的な行為をしていたわけですからショックが大きいことは間違いありません。彼らはそれなりの存在であったからこそここまで叩かれたわけで、一般の人であればここまで厳しい処分を受けるようなことはないかもしれませんが、反社会的行為に加担していることが分かれば例えば職を失ったりすることはあるかもしれません。カジノを楽しむのなら海外でやるか、あるいはそもそも違法とはされていないインターネットで楽しむのが安全で確実だということです。