芸能人とカジノの関係について

芸能人が違法な闇カジノでバカラなどの賭博行為を行っていたことが問題となっています。日本国内では賭博行為を禁止する刑法により、店側も客側も違法と判断されれば罰金や懲役の対象とされます。芸能人は信用が重要となる職業です。違法な店で遊んでいることが世間に知られると、社会的な制裁を受けることになります。日本で違法な店が広がりを見せたのは1990年代のことです。大阪など関西から広がり東京にも多くの違法な店が存在しましたが、1995年以降は警察による取締が強化されました。かつては一般の人でも入店できる店が大半でした。しかし現在ではごく一部の限られた人たちによる紹介が必要な会員制の店が増えています。違法な店では海外のランドカジノと同様のゲームを遊べます。

一方換金時に手数料を取られたりゲームのルールが勝利しづらいように変更されているなどの事例が見られます。違法な店で賭博行為を行うと刑法により罰せられます。特に芸能人のように社会的な信用が重要となる職業に就いている人は、違法な店には近づかないことが重要です。
オンカジ最新情報はこちら「ルーレットを確率論/賭け方/運で攻略!プロの資金管理法

日本国内では刑法で賭博行為が禁止されているのが基本ですが競馬や競輪、パチンコなどは合法的に遊べます。また海外のオンラインカジノにアクセスして遊ぶ場合も、基本的に合法と扱われています。オンラインカジノとパチンコはいずれも合法的に遊べるという共通点があります。日本国内では一般的な賭博行為が禁止されていますが、海外のサイトへのアクセスについて法規制は存在しません。海外のサイトでゲームを楽しんでも原則として合法とされます。海外のサイトで遊ぶゲームとパチンコとの大きな違いは、利益率の高さにあります。

海外のオンラインカジノは利益率が非常に高いことで知られています。合法に遊べるため日本国内からも多くのユーザーがおり、ジャックポットが発生しやすいため人気です。ジャックポットが発生した場合には1億円を超える利益が得られることもあります。パチンコでは1億円を超えるような利益が発生することはありませんが、インターネットサイトでは多額の利益を得ることが可能です。オンラインカジノとパチンコの利益率が大きく異る理由は還元率の違いにあります。還元率は胴元が売上からコストを差し引いた残りの割合です。胴元が売上から控除するコストが小さいほどユーザーへの還元率が高くなり、ジャックポットが発生しやすくなります。オンラインカジノの還元率は90%以上ですが、パチンコの場合は80%ほどです。オンラインカジノは合法的に遊べて多額の利益が得られるので人気があります。芸能人が遊んでいても問題はありません。