ntt東日本の選手のカジノ事件の教訓とは

ntt東日本の全日本バドミントン選手が、違法カジノ店での賭博行為で摘発され出場停止処分を受けたのは平成28年4月です。問題になったのは、掛け金が多額であることと、出入りしていた回数の多さです。1回のカジノ店への入店で、ntt東日本の選手は、数万円から数十万円程度を賭けていたようです。多額な掛け金と、カジノの景品が豪華すぎることは一般の人からみても異常な世界であったと言わざるを得ません。結局ntt東日本の選手達は、せっかく築き上げた地位を追われたり出場停止の処分を受けました。店の提供する景品が豪華すぎ、最初は軽い気持ちで遊興していたのが掛け金は高額になり、負けが込むとまた行くの繰り返しで、収支はマイナスだったといいます。

オンラインカジノでも、普通考えられない景品を提供するようなサイトは気をつけるべきです。オンラインという仮想空間では、自らを管理することは難しいです。ntt東日本の全日本クラスの厳しい練習に耐えてきた選手でも、高額な景品という射幸心をあおられては理性を失ったのは当然かもしれません。人間にとって射幸心を刺激することは、物事にのめりこみやすくするようです。本来の遊びより、付帯的な景品をつける商法はそれなりに繁盛しています。おとり商品を使って誘い込む商法です。特に、カジノではこのやり方には注意しましょう。
オンカジお勧め記事はこちら「ビーナスポイント対応オンラインカジノ(VenusPoint)

オンラインカジノとクレジットカードは切り離せない関係にあります。クレジットカードが使えないと遊ぶことができないのが本来です。決済手段として使えるので業者は利用を許可するのです。ネット銀行口座を使い、通常通りお金が振り込まれていれば問題はありません。クレジットカードを利用して掛け金を大きくすることは危険をともないます。遊ぶにあたっては、節度を保つためにも口座からの引き落としをおすすめします。掛け金を膨らませることを防止することにもなります。クレジットカードでの入会は極力避けて、口座にある資金の範囲内から遊びを始めれば射幸心をあおられることもないでしょう。借金をして、遊ぶことは理性を失わせます。射幸心をあおる入り口としての景品も問題です。ntt東日本の選手たちの轍を踏まないためにものめりこむことはやめましょう。自分のまかなえる範囲内で遊ぶ、これこそオンラインという仮想世界を使うだけに必要です。使える資金を管理できることは、ネットを使ったゲームの利用では重大なことです。心掛けだけでは解決できない大きな課題になります。