国別で見るカジノの比較

カジノといっても、実は設置している国によって遊べるものがかなり異なります。カジノの本場であるラスベガスでは街中にもスロットが設置されており、簡単に遊ぶことができますが、そのような光景はここでしか見られません。日本におけるパチスロのようなものですが、それでも諸外国から見ればある意味で異様な光景です。服装も同じであり、マカオではいわゆるドレスコードは存在しません。正装でなければならないなどのルールもないため、ラフな格好で勝負する人もいます。この部分で比較をすると、シンガポールはマカオと同じような服装では拒否されてしまうので、正装でなければなりません。

遊べるゲームも国によって異なります。マカオはバカラなどのゲームが多く、スロットの割合が低くなっています。これは観光客をメインにしているラスベガスと全く傾向が異なり、大勝負をしたい中国などのアジア系の大富豪がバカラを好み、その傾向を受け止めた形です。日本の場合はパチンコやパチスロなどが盛んなため、マカオのようなことにはならない可能性が高い一方で、庶民があまり来ないような場にしたいという思惑も感じられることから、マカオと同じ状況にする可能性もあります。
オンラインカジノ初心者におススメのオンラインカジノ勝ち逃げの目安を知りたい!スロット・バカラの記事はこちら