カジノがある世界の国の特徴

日本でもようやくカジノが合法化されることになりましたが、カジノがある国というのは実に多く、その収入で財政を整えている地域もいくつかあります。アメリカもカジノの世界では有名ですが、ラスベガスと一部のエリアだけで行われており、どちらかといえば国を挙げてやっているという感じではありません。国が率先して行っているのはシンガポールです。日本がカジノ法案を通す際にモデルケースにしたのがシンガポールであり、誰もが知るところです。資源に乏しい小国はこぞって参加しており、マカオもその1つです。厳密に言えば中国ということになりますが、言うならばある種の国のような存在であり、この収入だけで結構なものです。

韓国もカジノでは有名な国と言えます。日本からも多くの観光客が足を運ぶ他、関西圏の人は東京に旅行に行く感覚で簡単に行けてしまうため、日本にできたとしても韓国の方が楽しいと思う人も少なくありません。モナコ公国も有名な国の1つです。昔から存在しており、優雅な雰囲気を楽しむことができます。小国が主に運営していることがよくわかる一方、観光のために設置している国がほとんどです。世界の国々では観光のために設置するのが主流です。そこに日本も乗っかった格好です。