カジノがある国が合法としている理由とは

今日ではカジノの経営が認められている国の数は100を大きく超えていますが、合法となっている理由は国ごとに様々です。例えば、イギリスでは1960年代後半に議会で法案が成立してカジノが合法となりますが、その背景には違法カジノ店の氾濫がありました。合法となる前のイギリス政府は、ギャンブルを徹底的に取り締まることによって秩序を維持しようとしていましたが、取り締まりのスピードに追いつかないほどにギャンブル業界が成長したためその方法をとることが困難となり、認可制の採用へと大きく舵を切りました。イギリスではカジノが合法になるのに先んじてブックメーカーが合法になっていますが、こちらの背景も同様です。

政府や地方自治体の財源確保も合法化の大きな理由の一つで、アメリカの一部の州やドイツ、オランダ、フィリピンなどがこれを理由として合法化しています。このような所にあるカジノでは、運営を許可した企業に対して利益の一部を税として納めることを義務付けていたり、利用客に対してスロットなどの特定のゲームで一定以上の賞金を獲得した時に、その中の一部を納税する義務を課していたりします。客に対する課税については、国や地域によっては外国人も対象となっています。
超人気ジャックポットシティカジノの評価評判と口コミレビューまとめの記事をまだみてない方はこちらもチェック

合法化の理由にはこの他にも、外貨を獲得するためや既存の観光地の利用促進および活性化、現地住民の雇用創出などが挙げられます。